吸出防止用アスファルトマット

概要

吸出防止用アスファルトマットは、基礎捨石、被覆石上に敷設することで、裏込め材の吸出防止が出来ます。 吸出を防止することで地表面の陥没を防止する工法です。

用途

・護岸の背面の吸出防止 ・護岸捨石マウンドの吸出防止 ・航路護岸の内外水位差による吸出防止

施工例

護岸港外側の吸出防止施工例護岸港外側の吸出防止施工例

吸出防止用アスファルトマット

護岸港内側の吸出防止施工例護岸港内側の吸出防止施工例

特徴

特徴 1

不透水性です。

特徴 2

捨石へのなじみ、追随性に優れています。

特徴 3

捨石落下時の耐久性に優れています。

特徴 4

比重が2.2以上あり、施工時波の影響を受けにくいです。

特徴 5

環境にやさしく周辺海域の水質に影響がありません。(ブルーカーボン生態系に寄与)

構造

基本的な構造は洗堀防止アスファルトマット(孔なし)と同様となります。 (孔を設けてフィルターシートと複合した例あり) 既設構造物との取り合い部隙間からの吸出防止に改質アスファルトルーフィングシートを取り付ける場合があります。

改質アスファルトルーフィングシート付アスファルトマット構造図

吸出防止マットの施工状況

標準断面図(例)標準断面図(例)

フィルタ-シート付孔あきアスファルトマット敷設状況(アスファルトマット下面)

フィルタ-シート付孔あきアスファルトマット敷設状況(アスファルトマット上面)フィルタ-シート付孔あきアスファルトマット敷設状況(アスファルトマット上面)航路護岸の吸出防止工.pdf

技術情報

施工実績